俺の頭じゃこや無理だ。

車両博物館の VRM5版を いじっていました。試しにTomix版の2+にターンテーブルが入っていたので これを配置しようとしていましたが なんせ初めての配置なので どうなっているのか さっぱりでしたが ようやく なんとか配置してみました。その画像が こちらです。

VRM5版ターンテーブル画像3.jpg

まず知らなかったのが 線路が VRM3版のように0㎜でしか配置出来なくて 高さは、透明橋脚とか5㎜単位でしか高さ調整が出来ないと思っていたら勾配が 付けられるみたいで ビックリだ。 そして それが 知らない内に 他の部品の高さと連動して 高さが変わってしまい この画像のように線路を配置するだけでも 大変でした。 車両博物館の屋根の部分に使っていた高架プレートの240㎜と185㎜の勾配に合わせて 勝手に線路が 斜めになってしまい ようやく 高さ固定に☑を入れれば解決するのを覚えました。

VRM5版ターンテーブル画像2.jpg   

VRM3版からのレイアウトをコピーしているので 全部レイアーが一緒になっているので まずは、この屋根の部分だけ別レイアーに振り分けて それから線路の配置だ。 それと このターンテーブルを配置するには、+6㎜の地面では、ターンテーブルが埋まってしまうので これまた-10㎜で 掘ったのですが 上手くターンテーブルだけが見えるようにしたかったのですが 今度の平地作成は、名称が整地作成になって これが 今までとは、全然違うブラシで描く感じになっていました。

これが マウスで描くのですが ちゃんと動かなくてね とにかく動きが重いのです。嘘だろ~部品は、ほとんどない状態で なんで こんなにスムーズに機能しないのか 昔のVRM3版の方だと ギザギザになってしまいますが ある程度 自分で読んで はみ出さない様に出来たのに
 それが出来なくて イライラだ。

そして 問題のターンテーブルだ。

VRM5版ターンテーブル画像レイアウト図1.jpg

これも 本当にさっぱり 設定が わからなくてね やっとこさ このレールブロックという表示で 線路が出て来るのが わかりました。 で さて設定は、どうするのか

VRM5版ターンテーブル説明2.jpg


まずは、ヘルプのマニュアルを開いて 中身を見ましたが これだけです。なんじゃこりゃ これじゃ わからんと こんどは、スクリプトエディターのヘルプを 開いたら 出て来たのが これだけだ。

VRM5版ターンテーブル説明1.jpg


こんなもん 俺に わかる筈がねえ~わ 大体 スクリプトが ちんぷんかんぷんだから VRM4もスルーして このVRM5版を やろうとしたのだが 最初 スクリプトは、使わないで 全て 指定のスクリプトエディターが 出来ていると思ったら 大きな間違いでした。

そりゃ皆さんは、わかるかも知れませんが これを どうやって自分でスクリプトを書くのか 覚える気の無い人に どうやって やらせるのか 中学生の落ちこぼれの高齢者に 英語のThis is a Penから教えるような教科書が欲しいもんだ。 なんで英語を 持っち出したかと言うとだ 英語が嫌いで その反動でスクリプトの英語も嫌いという単純な理由なんだが そういうのを含まての動く部品も メーカーさんで 作って欲しいのだが とにかく VRM3版に比べると こんなに面倒だったとは、前にやった自動制御と同じでね

やりたいのだが 頭がついて行けない 技量がついて行けない 根気が続かない なので ターンテーブルの件は、ストップだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年05月20日 23:33
おいちゃん、702です。
ターンテーブルの動作、自動センサーでも設定可能です。
おいちゃんが何をさせたいのかわからないので
全部出来るとは言い切れませんが。
自分もスクリプトを使わずターンテーブルを使用しています。
https://www.youtube.com/watch?v=UtrFuLkqkcg
おいちゃん
2020年05月21日 00:39
ご無沙汰しております。お世話になりっぱなしで 申し訳ありませんでした。ここのブログも ほったらかし状態でしたが まずは、VRM5パッケージ版4本に入っている部品だけでも調べて見ようかと 少しずつ自分用のカタログを 作り始めた所です。 ターンテーブルは、2+のTomix版に入っていたのを 思い出して試しに やってみました。ターンテーブルのエディターを開けば ポイントと同じ様な感じで 設定して指定のキーボタンを押せば動くのかと思ったのでしたが 甘かったですね 地形の平地作成も 整地となりブラシで作成するなど すっかり形式が違っていたんですね 部品も全然配置していないのに とにかくブラシが 思うように動かなくてね なんか とても重いです。 動画見ました。要は、まずは、回転だけは、させて見たいですね しかし よく皆さん ガイド本もなくて スクリプトなどを書けますね スクリプトも そのままコピーして使えるように メーカーさんも用意してくれればいいのにね もう 覚える気がないので そのままコピー出来るようなガイド本が欲しいですね なんかコメントも いつの間にか 承認機能になっていたみたいで そこを開いて知りました。
おいちゃん
2020年05月21日 00:44

>702さん
>
>おいちゃん、702です。
>ターンテーブルの動作、自動センサーでも設定可能です。
>おいちゃんが何をさせたいのかわからないので
>全部出来るとは言い切れませんが。
>自分もスクリプトを使わずターンテーブルを使用しています。
>https://www.youtube.com/watch?v=UtrFuLkqkcg