VRM5パッケージ版マイカタログより32船舶1

VRM5パッケージカタログリスト32から船舶関係からだ。

VRM5パッケージ版部品リストその32港湾1.jpg

スワンボートから コンテナ船まであるのだが 実際このコンテナ船は、どこで使うのかね

VRM5パッケージ版部品リストその32船関係1.jpg

ここの貨物船とコンテナ船は、デカ過ぎて 640x480のサイズでは、描写出来ず 全部の姿が収まりませんでした。そして デカいので 画像が 途中で切れてしまって ここの画像は、合成しています。

VRM5パッケージ版部品リストその32船関係2.jpg

一番下のコンテナ船は、2枚の画像を合成していますが なんで こんな大きな船を作るのか 意味が わからない と ここで書いても しょうがないのだが レイアウトに対しての限度があると思うのだが 昔から 自分達の技術を見せたいという気持ちは、わかるのだが なんか少し違うんじゃないのかと 思ってしまう事が たまにある

しかし 自分のPCだと どうも このVRM5の描写に関しては、あんまりPC環境が良くないのか こちらのCaldiaさんのカタログ画像と比べると 全然違うんだね

VRM5パッケージ版部品リストその32港湾カルディア1.jpg

どうやって この貨物船やコンテナ船を 画像に撮っているのでしょうかね

VRM5パッケージ版部品リスト貨物船2.jpg

この貨物船くらいの大きさまでなら ギリギリ画面に収まるみたいだが

VRM5パッケージ版部品リスト貨物船1.jpg


それでも こんな感じでは、描写されなくて 遠くの方は、ボケて消えてしまって まるで 昔のVRM3版の頃を思い出してしまいます。

VRM5パッケージ版部品リストタンカー1.jpg

同じPCでも 逆にVRM3版の方が 今は、描写は、昔に比べると 全然今の方がいいのですが このVRM5版だと 本当に昔のVRM3版のように遠くがゴースト状態で この上のコンテナ船のようには、みえないので この半分くらいまでしか描写が出来ないんだね

VRM5パッケージ版部品リストタンカー2.jpg


それとも Caldiaさんの画像が 特別なのか 他のVRM5版の このコンテナ船の画像を見てみたいものですね 考えて見れば 昔から この鉄道模型シミュレーターのスクリーンショットの画像や 動画の画像を眺めていると みんなバラバラの感じがしたりして やっぱりグラボの関係なんでしょうか どうやったら こういう画像が 撮れるんでしょうかね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント