ターンテーブルが動いた 続きから

amajoke さんと702さんから コメントを頂き さっそく 試しに やってみました。まずは、今まで この1920x1080というフルスクリーンで鉄道模型シミュレーターを 眺めた事が 一度も無かったので おっかなびっくりやってみました。 どうも昔のVRM3版のスクリーンショットで動画を作る時に 640x480のBmpのイメージで 面倒なので ずっとビュアーも その大きさでしか見た事がありませんでした。

それをモニターいっぱいのフルスクリーンで眺めるのですから 画像は、さぞかしボケるのかと思いきや これが 全然違っていましたね ビックリです。 で さっそく その1920x1080で ターンテーブルの動作試験の動画を作りましたが それは、後で 紹介だ。 まずは、そのが画像から紹介だ。

VRM5版ターンテーブル練習6.jpg

これ 後で VRM3版でも試したら これまた ビックリでした。今まで640x480サイズのフルスクリーンで 見た事は、あるのですが あまりにもボケて見えたので ずっと640x480のサイズでビュアーを眺めていましたが この1920x1080でも クッキリ、スッキリ見えました。 しかし これで動画を撮ると 結構ファイル容量が大きいようで Twitterには、直接貼れないみたいです。

さて 702さんから アドバイスを頂いたターンテーブルの指定距離のパラメータの数字を305~250に下げてみては、のアドバイス通り 色々試してみましたが 一応 最後は、この250で やってみました。

VRM5版ターンテーブル練習5.jpg

確かに 前回よりも 転車台で 行き過ぎとかが 無くなりましたね ゆっくり進んで ピタっと停止するようになったので ほとんど失敗しないようになりました。 最初 全部 オール自動で 勝手に転車台に乗って回転して 勝手に番線に進行するのかと思っていました。 転車台からは、時間が経過すると自動で番線に進行するのですが まあ そういう転車台に乗せる楽しみと思えばいいですかね

最後に1920x1080のフルサイズで撮ったターンテーブルの動作試験の動画を紹介します。


どうでしょうかね 今までとは、画質が 違うように見えますかね 前回の動画と比べて見て下さい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年05月23日 23:02
おいちゃん、702です。
2個のターンテーブルを使った
往復動作を考えてみました
http://no702.livedoor.blog/archives/6116511.html
蒸気機関車が1種類であればこんなカンジの
展示運転もありかなと思っています。
機関車2種以上になるともっと違う手も考えます。